中堅理学療法士のデイリーノート

理学療法士としてまだまだひよっこですが、経過年数だけ微妙に増えてきている。しかも調子に乗って海外に来てしまった。そのため、学生時代の実習を思いだそう!とのことで、デイリーノートを書くことにしました。バイザーのように、みなさんのご指導ご指摘よろしくお願いします!m(__)m

学生さん その2

ちょっと思ったこと。自分の少なからず経験した学生さんに対する反省です。

いまの病院に来ている学生さんは2人いたが、特徴の違う二人でした。
一人は真面目な感じで日本の学生と近い感じであるが、どこか不安げな様子で、知識もあまりないのか、よく指導されている様子を見かけ、ちょっと心配な感じの子。
もう一人は成績が良いのか、あまり指導されている様子はなく、もくもくとこなしている様子を多くみかけるが、態度はあまり良くなく(日本の感覚では)、ちょっと日本の実習ではうまくいかなそうな子。
おそらく、日本で同じようなパターンであれば、一人目の子は比較的かわいがられ、実習の成績もなんとか「可」にしてあげようとすると思うが、二人目の子はあまりかわいがられず、おそらく態度の部分で徹底的にダメ出しをされ、下手をすれば「不可」になってしまうかもしれないと思いました。
しかし、ここでは、どちらかというと二人目の子が大事にされ、一人目の子はちょっと心配そうにみられ、あまり歓迎されていないように感じました。
日本と外国では学生に求めるものが違うのかなぁと感じました。ここで、二つのキーワードを考えました。一つは知識や技術、二つ目は態度。日本では態度が良くないとその時点で悪い学生という評価になってしまいがちなのではと思います。しかし、理学療法士の必要なものは、態度の部分である人間性と知識や技術、の両方かと思います。つまり、態度は良いが、知識が無い学生にはもちろん知識を授け、理学療法士として向上してもらうように促す。逆に知識はあるが、態度が良くない学生にはもっと人間性の向上を促すような接し方が出来ればよかったのかなぁと感じております。とても難しいことだが(特にまだまだ人間的に未熟な自分としては)、態度が悪い時点で×!指導もほとんどしない!というのは良くない気がします。どうすればいいのかは今の自分に良いアイディアはありませんが、そういった考えを持って接するだけでも違う気がします。まだしばらくは日本で学生の指導という機会はありませんが、その時にそなえて自分自身の人間性の向上!また、あまり読んだことが無かったが、コーチングやマネージメントの本など、管理職の人が読むような本を少し読んでみようかと思いました。やることたくさんたくさん。がんばろー。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。